逗子のチャンス。【第4弾】子ども達の笑顔と市民の暮らしを守る!

逗子のチャンス。第4弾を発行しました。

市民に負担を求めなくても財政再建は可能です

この記事を書いた人

kirigaya

桐ケ谷覚(きりがやさとる)
株式会社 キリガヤ 代表取締役
10年後、20年後、30年後も未来への希望のある逗子へ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします